非粘着性・離型性フッ素樹脂

  1. トップページ
  2. »
  3. 非粘着性・離型性フッ素樹脂
 

フッ素樹脂テープ(フィルム)の非粘着性・粘着性

フッ素樹脂テープ(フィルム)の非粘着性・粘着性

PTFE素材のテープやフィルムは、様々な用途で使用されています。ただしテープやフィルムとして使用する際には、PTFEの持つ低摩擦性、非粘着性が問題になることもあります。固体の中でもっとも摩擦係数の低い物質のため、そのままでは対象物に巻き付けても固定されません。各メーカーは様々な技術を駆使して、固定のための粘着性を持たせ、接着処理が可能なPTFEテープやフィルムを開発しています。

フッ素樹脂テープ(フィルム)の非粘着性・粘着性


非粘着、粘着剤なし

固形状のPTFEを切削してテープ状に加工します。PTFEの持つ特性はそのまま活かされ、最高連続使用温度260度という驚異的な耐熱性能を誇ります。もちろん電気絶縁性、耐薬品性、耐紫外線特性などのPTFEが持つ性質をすべて兼ね備えています。

粘着剤付き

PTFE切削テープに耐熱性の粘着剤を塗布しています。最高連続使用温度は180度となっていますが、これはPTFEそのものの耐熱温度の限界ではなく、粘着剤の限界温度になります。粘着剤を塗布してあるのが片面だけならば、その裏面にはPTFEの持つ低摩擦性や電気絶縁性がそのまま活かされています。

 

接着処理

PTFE切削テープを化学的に処理して接着性を持たせています。もともとフッ素原子と炭素原子の結合が強固であるために、化学反応を起こしにくいフッ素樹脂は接着剤にも反応しません。そこでフッ素樹脂の表面からフッ素原子のみを抜き取る化学的処理を行います。その結果、結合する相手を失った炭素原子は空気中の酸素や水と結合し、フッ素樹脂の表面のみを接着性を持った分子で覆うことができます(単分子膜)。この状態であれば各種接着剤を用いての加工が可能になるのです。

フッ素樹脂の離型性

フッ素樹脂が利用される最大の理由

――それはフッ素樹脂の持つ離型性能です。離型性とは表面に粘着や焼き付きを起こさない性質のことを表します。非粘着性ともいい、フッ素樹脂の中でももっとも多く代表的な性質です。フッ素樹脂コーティングのフライパンやホットプレートなどが焦げ付きを起こさないのはこの特性によるものです。

 

工業製品ではゴム素材やウレタン素材の成形用金型などに利用されています。ポリテトラフルオロエチレンというフッ素樹脂原料が重合したPTFEがもっとも多く、FEPやPFAなども多く利用されています。