フッ素樹脂フィルム・シート

  1. トップページ
  2. »
  3. フッ素樹脂フィルム・シート
 

フッ素樹脂フィルム・シート

フッ素樹脂(テフロン)フィルム・シート

フッ素樹脂フィルム・シートは、耐紫外線特性を始め、耐熱性、耐薬品性、耐食性、低摩擦性、非粘着性、電気絶縁性という非常に優れた性質を持っており、多方面で使用されています。フィルム・シート用に使用されるフッ素樹脂はPTFE、ETFE、PFA、PVDF(ポリビニリデンフルオライド)、PVF(ポリフッ化ビニル樹脂)などであり、中でもPTFEの需要がもっとも多くなっています。

 

以下にフッ素樹脂フィルム・シートの販売、製造に関する2003年時のデータをご紹介します。

用途動向

  占有度 具体的用途
ライニング用 32% 配管材、タンク用
電気絶縁用 27% モータトランスのコイル絶縁、ケーブル・ワイヤの絶縁テープ、離型フィルム
農業用 16% 温室ビニールハウスや園芸用の被覆資材
建材用、その他 25% 摺動材、ドームスタジアムの屋根材

(富士キメラ総研による調査)
※ライニング:配管の内側に施す耐食・耐摩耗・電気絶縁加工

 

フッ素樹脂フィルムは、電気絶縁性や非粘着性を要求されるライニングや電気絶縁材料、摺動材などの分野で主に使用されています。中でもETFEフィルムはコストの低さから、電線被覆材や離型用フィルムとして使用されることが多く、またその透明度の高さから温室のビニールハウス用フィルムやドームスタジアムの屋根材として使用されています。

国内市場規模推移(2002~2007年)とフッ素樹脂フィルムの販売ウェイト(2003年)

  2002年 2003年
販売数量 1,830t 1,850t
前年比 - 101.1%

(富士キメラ総研による調査)

 

フッ素樹脂フィルムは競合となる商品が少ないため、当面は限定された用途で需要を固く確保し、年率2~3%の伸長率での推移が予測されます。販売金額では2003年に113億円の実績があり、2007年までには125億円まで上昇されると予測されています。

 

フッ素樹脂別フィルム販売ウェイト
樹脂 販売数量ウェイト
PTFE 65%
ETFE、PFA、PVDFほか 35%
合計 100%

(富士キメラ総研による調査)

 

フィルム用として使用されているフッ素樹脂はPTFE、ETFE、PFA、PVDF、PVFなどがあり、もっとも需要が高いのはPTFEです。またETFEフィルムの販売は、開発元である旭硝子が主に行っています。

参入企業とメーカーシェア(2003年)

メーカー名 販売量ウェイト
日東電工 50%
日本バルカー工業 13%
ニチアス 9%
中興化成工業 9%
その他 19%
合 計 100%

(富士キメラ総研による調査)

 

2003年の調査では、日東電工が2位以下を大きく引き離して50%のシェアを占めています。これは絶縁テープの販売に起因していると見られます。