フッ素樹脂の種類

  1. トップページ
  2. »
  3. フッ素樹脂の種類
 

フッ素樹脂PTFE(テフロン)とは

四フッ化エチレン樹脂、PTFEはフッ素樹脂の典型的な性質を備えているもっとも一般的な物質であり、フッ素樹脂全需要の60~70%を占めています。-180~+260度という広い範囲の温度下での使用に耐えられ、高い耐燃焼性を備えています。炭素とフッ素の強固な結合力により、他の物質と化学反応を起こさないため、すべての溶剤の浸食を受けません。プラスチックの中でもっとも優れた電気絶縁性を持っており、摩擦係数は現存する固体素材の中で最小です。どのような粘着物質も付着せず、紫外線の影響も受けず、物理的に破壊されなければ半永久的に使用可能…という非常に優れた特性を持つフッ素樹脂です。ただし、加工に関しては切削を行う以外に方法はありません。これらの特性を活かした製品は、私たちの生活の至るところで見られます。フライパンのコーティング以外にも工業用チューブ、ホース、パッキン、絶縁材、断熱材、ベアリング、ワッシャーなど、これらの主素材として使用され、さらには潤滑剤としてグリースのような潤滑用油脂に混合されることもあります。

フッ素樹脂(テフロン)PTFE

フッ素樹脂PFA

PFAは四フッ化エチレン(C2F4)とパーフルオロアルコキシエチレンとの共重合体で、パーフルオロ樹脂として優れた化学的・電気的・機械的特性及び低摩擦性を持っています。熱可塑性(熱を加えると軟化する性質)であることが最大の特徴です。PTFEでは難しい溶融成形(高熱を加え、成形する技術)が可能なため、自由に加工できます。-200~+260度の温度下の使用に耐えられ、その他の性質もほぼPTFE同様。切削でしか加工できないPTFEと違い、溶融成形ができます。その利点を活かし、切削加工では対応できない複雑な加工を必要とする分野に特化したフッ素樹脂といえます。

 

化学薬品に定常的に接触しながらも、化学変化を起こさず、かつ絶縁性が高い素材――これらを要求されるのが「半導体」の製造です。PFAは半導体分野の成形材料として最適であり、現在は必須の素材となっています。

フッ素樹脂(テフロン)PFA

フッ素樹脂(テフロン)ETFE

ETFEはPFA同様に熱可塑性を持ったフッ素樹脂であり、他のフッ素樹脂と比較した場合、コストの低さが特徴です。テトラフルオロエチレン(C2F4)とエチレン(C2H4)の共重合体であり、PTFE、PFAに匹敵する耐薬品性、絶縁性、低摩擦性を持っています。-200~+180度の温度下の使用でも、上記の特性をキープすることができます。透明度も高くガラス以上の採光率を持っていることから、ドイツではサッカー場のドームスタジアムの屋根に使用されています。またフィルム状に加工できることから、これまでの塩ビ素材フィルムに代わり農業用ビニールハウスにもETFEが使用され始めています。粉体塗装も可能なため、各種工業製品の薄膜コーティングにも使われています。

フッ素樹脂(テフロン)ETFE

その他のフッ素樹脂(テフロン)

その他のフッ素樹脂(テフロン)

他にもFEP(パーフルオロエチレン-プロペンコポリマー)やPVDF(ポリビニリデンフルオライド)、ECTFE(エチレン-クロロトリフルオロエチレンコポリマー)などのフッ素樹脂が私たちの生活の中で使用されています。